30歳までにやるべきこと

便利ワザ
mz6nydvnxe9dgssbe2y8_320_400-68309b81.jpg
20代から30代にかけては人生の大きな転機がいくつもあります。就職やそれに伴う一人暮らし。結婚や転職をする人もいるでしょう。そこでこの記事では30歳までにやるべきこと、できるようになっておくことについて紹介しています。もちろんすべて実践する必要はありません。できるものから少しずつトライしましょう。その後の人生が変わるかも知れません。

1.貯金を始める
老後はまだ先と思っているかも知れません。しかし定年退職はあっという間に来るものです。老後の生活資金として2000万円は用意しておいた方がいいという試算もあります。もちろん老後の暮らし方により用意しておく金額は変わるでしょう。ですからまずは「貯金をする」という習慣を身につけましょう。毎月定額を貯蓄する方法がおすすめです。

2.家計簿をつける
結婚したらもちろんですが独身であっても家計簿をつけ始めましょう。収入と支出を比較する癖をつけることが大切です。そしてバランスの取れた生活をおくるようにしましょう。お金の収支を把握することは、将来的に独立したときはとても役立ちます。

3.借金は返済しておく
学費や車のローンなどがあればなるべく返済しておきましょう。結婚をして子供ができれば、マイホームのことを考えるようになります。その際には住宅ローン以外は無くしておいた方が無難です。お金の話ばかり続きますが、それはとても大事なことだからです。

4.授業はサボらない
あなたが学生なら授業はサボらないようにしましょう。社会人になった時に役立つ情報を逃す可能性があるからです。そもそも高い学費を支払っているのに、授業をサボってしまっては何にもなりません。

5.転職を検討する
20代後半で社会人としての基礎的なスキルが身についたのなら、自分の専門を活かせる場所を探してみるのも悪くないことです。そしてそれに見合う会社があれば、思い切って転職してみましょう。

6.引っ越してみる
住み慣れた街から新しい街へ引っ越してみるのもおすすめです。新しい環境に身を置くことで、出会いや発見がきっとあるはずです。特に大学を卒業して就職をしたのなら、引っ越すことをおすすめします。学生生活を引きずることは得策ではないからです。

7.趣味を持つ
ある調査によれば成人の4人に1人が無趣味であると回答しています。趣味を持つことはリフレッシュに繋がるので、とても大切なことです。インドアでもアウトドアでも興味があることを始めましょう。趣味はまた新たな出会いも生みます。もしかしたら生涯の伴侶や、親友となる人物と会えるかも知れません。

8.外国語を学ぶ
英語に限らず興味のある国の言葉を学ぶのもいいでしょう。完全に習得する必要はありません。片言でも話せたり読んだりできるようになれば世界は広がります。仕事でのスキルアップに繋がるかも知れません。

9.料理に挑戦する
本格的な料理に挑戦するということではなく、少なくとも自炊ができるようになりたいものです。外食ばかりでは食費がかさみ、栄養も偏ります。最初はカレーライスのような簡単なメニューから始めましょう。そして少しずつバリエーションを増やしていけばいいのです。

10.車の免許を取っておく
あなたがまだ学生なら学生のうちに、車の免許を取得しておいてください。社会人になると自動車学校に通う時間も、ままならなくなります。仕事上必要になるケースもあるので、免許の取得は早い方がいいのです。

まとめ
30歳までにやるべきこと、できるようになっておくことについて紹介してきました。これらは社会人としての基本かも知れません。基本がしっかりできれば、その後の人生が充実したものになるでしょう。
 

カレンダー

2022/12
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のエントリー

カテゴリー

タグ

アーカイブ

 
 
 
 
ページ先頭へ戻る
読み込み中です