仮想デスクトップの使い方をご紹介

便利ワザ
2ncusbd52wtj9xs8fhzw_320_400-8ebadf71.jpg

WindowsではWindows10から仮想デスクトップの機能が搭載されました。そこでこの記事では「Windows10に搭載された仮想デスクトップの便利な使い方」をテーマにまとめています。 仮想デスクトップを効率良く使うことによって作業スピードは上がります。ぜひ最後まで目を通して下さい。 

そもそも仮想デスクトップとは?
仮想デスクトップ(virtual desktop)とは、コンピュータのデスクトップ環境を拡張するソフトウェアの一種です。デスクトップの数や領域の拡張を行います。さらに、この種のソフトウェアによって、拡張されたデスクトップのことも指します。つまり1つのOS内で複数のデスクトップを利用可能にするソフトウェアというわけです。

仮想デスクトップを使うメリット
仮想デスクトップはデスクトップ自体を作り出せます。ですからExcelやWordなどのアプリケーションの起動用や、メモ用など作業に合わせたデスクトップを用意することができます。特に画面の小さなノートパソコンでは、使い勝手が劇的に向上します。あたかも2つ目のモニターがあるよう感じられるでしょう。つまり画面の拡張効果があるということです。

仮想デスクトップの操作方法
ここからは仮想デスクトップの具体的な操作方法について見ていきましょう。仮想デスクトップの追加方法や切り替え方。削除の方法やシャットダウンするとどうなるのかについて解説します。 

・仮想デスクトップを追加するには
タスクバーの左にあるタスクビューをクリックします。そして「新しいデスクトップを追加」をクリックすれば、仮想デスクトップが追加されます。ショートカットキーでは「Windows」+「Ctrl」+「D」で行うことができます。

・仮想デスクトップを切り替える
仮想デスクトップを切り替えるには、タスクビューをクリックして、切り替えたいデスクトップをクリックして下さい。ショートカットキーでは「Windows」+「Ctrl」+「左右方向キー」で行えます。

・仮想デスクトップを削除する
必要のなくなった仮想デスクトップを削除する方法はとても簡単です。タスクビューをクリックして、不要な仮想デスクトップの右上の「×」を押すだけです。ショートカットキーでは「Windows」+「Ctrl」+「F4」で行えます。 

なお「Windows」+「Tab」でタスクビューを呼び出すことができます。憶えておけば素早く選択できるでしょう。

・シャットダウンや再起動をするとどうなる?
仮想デスクトップはシャットダウンや再起動をしても削除しない限りは維持されます。 

macOSの仮想デスクトップ
Spaces(スペーシズ)は、Appleが開発する仮想デスクトップ機能です。Mac OS X v10.5~10.6に搭載されていました。10.7からはExposé、Dashboardと共にMission Controlとして統合されています。 特徴としては、最大で16個の仮想デスクトップ環境を作成することができるほか、全ての仮想デスクトップを俯瞰表示した際に、個々のデスクトップ内にあるウインドウをドラッグ・アンド・ドロップ で別のデスクトップに移動できる機能や、Exposé機能と併用することで個々のデスクトップ内にあるウインドウを重ねず表示させる機能などがあります。

<まとめ>
以上、仮想デスクトップについてご紹介しました。文章ではわかりにくいこともあるかもしれませんが、実際に使ってみればすぐに慣れると思います。デスクトップを切り替えて作業を行えば確実に効率が上がります。Windows10に搭載された仮想デスクトップは、使い勝手がいいのでおすすめです。 

カレンダー

2021/10
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最近のエントリー

カテゴリー

タグ

アーカイブ

 
 
 
 
ページ先頭へ戻る
読み込み中です